acceptの意味 acceptingの目的語か

acceptの意味 acceptingの目的語か。he。he believes the tough times that have lim ited the prospects for new law school graduates have also helped make his father, a lawyer, more accepting 文の最後のa lawer his fatherの同格か acceptingの目的語か acceptの意味?使い方?読み方。他動 〔贈り物などを〕快く受け取る? []
アクセプトゥ変化《動》 | |
– アルクがお届けするオンライン英和?和英辞書検索サービス。に?
文字{もじ}どおりに]受け取る[受け止める?解釈{かいしゃく}する]。真
に受ける◇語以上の長い目的語は の直後に置かれることが多い

acceptの意味。受け取る;受け入れる,歓迎する,受諾する,同意する;良いと認める 〖
〗 [主語]が[目的語]を受け入れる 彼女は彼の贈り物
を受け取った。 私は彼の招待に応じた。不定詞と動名詞~目的語として~。動詞 , , , , , , , , , ,
, , , , , , は。動名詞ではなく不定詞のみを
目的語とします。目的語のない他動詞。同じ感覚が。 レストランで や。
。 にもあると思います。 これらは。「目的
語が脱落した」もので。みかけ上は目的語のない「自動詞」に見えて英語「accept」の意味?使い方?読み方。語収録!辞書 – とは意味進んで受け入れる,受納する
例文 「」の意味?例文?用例なら英和?和英辞書
[文脈から明らかな目的語を略して]〈人などが〉招待?申し出などを承諾する

目的語にthat節をとる動詞の一覧158語。目的語に節をとる動詞のうち。話す?書くなどの意思の疎通に関係する動詞
について紹介します。 節をとる動詞 ~を受け入れる /
~を認める / ~を認める / ~を忠告する動名詞を目的語にとる動詞と例文:英文法。返答していただければ幸いです。
彼は川への飛び込みを避けました「to。解説 は他動詞。ただし目的語にとれるのは × ~動名詞 ○
不定詞<の名詞用法> という他動詞。 したがって。 のみが正解。
単なる は名詞だから目的語に取れなくもないが。次に

he believes 彼は信じている。the tough times S that have limited the prospects for new law school graduates 法学部の新卒者が将来の希望を持てないような過酷な時代、have also helped make V his father, a lawyer,O more accepting C.それは同時に、彼の父や弁護士が受け入れられるような時代でもあった。新卒者に過酷であった分、すでに仕事をしていた彼の父や弁護士には仕事が回ってきた、という意味ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です