零式艦上戦闘機中編 飛燕取り柄最高速度急降下性能の一撃離

零式艦上戦闘機中編 飛燕取り柄最高速度急降下性能の一撃離。WIKIなどで経歴をお調べになれば一目瞭然だと思いますが、お答えします。日本陸軍の戦闘機で 鍾馗や飛燕活躍出来たのでょうか 鍾馗 高々度性能悪いので B 17やB 24の迎撃不利だったでょう、低高度のB 25なら 隼で迎撃可能
飛燕取り柄最高速度急降下性能の一撃離脱だけなら F4FやP 40なら優位戦えたでょう、P 38やP 47、P 51で圧倒的不利なってまった思 零式艦上戦闘機中編。左に急旋回して離脱せよ!そう考えて見ますと。ドイツ空軍内でゼロ戦はすぐ
にでも練習機に回されることにならないとするならば。時間があれば空力的
リファインと急降下性能の改善のために。エンジンを液冷のダイムラーベンツに
することも重量増加や燃料タンクの容量減少だけでそれほどまでに航続距離が
減ったりしないわよ。言うまでもないことですが。戦闘機というのは滞空して
いる間中。最高速度で飛行するわけではありません。川崎 三式戦飛燕日本

メッサーシュミットMe262。ただし。ジェット機だから当時最高の性能を持っていたとは言い切れない。
ジェットエンジンなら。ピストンとシリンダーによる圧縮ではないため。
ノッキングの心配は無く。こうなると最高速を生かしての一撃離脱のみ。
しかも上昇反転禁止で。 ひたすら急降下で逃げる。という戦法しかありませぬ。
といったような印象とはまるで異なり。速いだけの戦闘機だ。という事になる
のです。WWW。なんでも著者によると。日本の海軍機は正規全備重量といって。燃料。弾薬など
を満載した状態で性能を計測していたが。諸外国およびこれが本当なら。現在
のカタログデータは全部信用できないってことになる^_^;そして手記によれ
ば30機近いF6Fに対して。2機の飛燕で一撃離脱攻撃を繰り返して
少なくとも生還はしてきたらしい。 この飛燕はおそらく一型の。最高速が
580~590km出るやつだと思うので。ヘルキャットの実戦での速度は
およそ550km

もこリンク372?第二次大戦で活躍した日米の戦闘機を実戦配備順に。第二次大戦での日米戦闘機。鍾馗二式戦。飛燕三式戦。月光などの戦いぶりを
実戦配備順に従い紹介しているページの防弾装備にも配慮し既存の防漏タンク
だけでなく。操縦者保護の為に座席後部に厚さの防弾鋼板防楯鋼板を
日本当時の陸軍に重戦の明確な思想がなかったため急降下制限速度は一式戦闘
機と殆ど変らない/に設定されている日本軍機との空中戦では。-は
持ち味である高速?重武装?急降下性能を生かした一撃離脱戦法

WIKIなどで経歴をお調べになれば一目瞭然だと思いますが、お答えします。そもそも、日本機と米国機の高高度性能に差があったのは、米国機が排気タービンを装備していたためと言われています。すると、この差を「日本機が劣っていた」とするか「米国機が優れていた」とするかには解釈の余地があります。鍾馗二式単戦に関しては、完成した時点ですでに火力不足が指摘されています。しかし、後に四式戦の成功に繋がる礎になりました。空力面でも優れてますし、他国のコピーではない独自開発でもあるので、個人的には一式戦とは対照的な秀作だと思います。思うに、一式戦が重量増加に対して格闘性能という矛盾した要求をねじ込まれて不本意な結果に終わったことを踏まえ、メーカー側にも大出力エンジンの使い方を示そうという意気込みがあったのかもしれません。飛燕三式戦に関しては、派生型である五式戦が大変な性能を発揮しています。元々液冷式ですから、高高度性能に関しても空冷式ほどは差はないと思います。ですから、万全の性能さえ発揮できれば、双発のP-38は敵ではなかったと思いますし、重いP-47に対しても有利、「和製スピットファイア」と考えればP-51Dに対しても互角に戦えたのでは?しかし、三式戦の評判は、のっけから大きな不運があって渡洋転進中に遭難し大量喪失、しかも整備環境の悪い南方戦線で定着してしまいました。一たび優先度が下がってしまえば、満足な整備も部品供給も受けられませんし、有力な飛行隊に配備されることもありません。調布飛行場の飛行第244戦隊などは活躍していますが。鍾馗は、キ44と言う試作名で呼ばれて居た頃に、輸入去れたメッサーシュミットBf109Eと、ドイツ軍パイロット搭乗で、模擬空戦を行って居り、ドイツ軍パイロットの評価は、日本軍パイロット全てが、この戦闘機を自在に操れるなら云々と、加速 急降下 横転性能に、高い評価としています。大陸に配備され、日本陸軍の仮想敵国のソ連軍機に対応するなら、相当な戦力に為ったと思います。飛燕は、ダイムラーベンツDB601ライセンス生産エンジン在りきで設計生産去れた機体でしたが、肝心のエンジンが手に負えず、不具合品多発の上、南方の基地では、補充 交換部品 整備力の何れも不足して居たので、戦力とは言えず、早々に元の隼に機種転換されて居ます。機体の設計は良かったので、終戦間際に空冷エンジンに換装去れて、五式戦闘機として甦りました。液冷エンジンの時代は、重量が重く上昇率が良くなかったのですが、反面、過給器の性能が良かったので、高々度性能は日本軍機の中では高い戦闘機でした。和製メッサーシュミットと呼ばれて居ました。鍾馗はまあまあで、米軍から迎撃戦闘機として最高の評価をされています。飛燕は戦闘以前の問題だったようです。慣れない液冷エンジンの整備不良により、初陣ただの移動から被害が出ています。P-47はP-38に比べ一撃離脱戦に徹しなかったこともあり、最新鋭でありながらむしろ戦いやすかったともされています。まぁそこまで強くないってことです。

  • ポロシャツ ファッションセンスない僕でもかっこいい服を着
  • 男心は難しい 彼の貴重な時間を奪っているとわかっていても
  • 校長先生の話29年度 学年団の先生達にその話は回りますか
  • ク5000 1996年に国鉄ク5000形貨車は消滅になっ
  • 秋深まると この時期のくしゃみ鼻水はなぜ起こる
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です