聖書百科全書 自身聖書学ぼう教会通った時期あり多忙理由足

聖書百科全書 自身聖書学ぼう教会通った時期あり多忙理由足。聖書に関して、聖書がどういうものであるかについてはプロテスタントもカトリックも関係ないでしょう。キリスト教(新訳聖書)ついての質問

ある文庫見ていら、聖書の言葉載っており言葉釘付けなり
マタイ伝11章28節
ストレス精神的まいって いる状況ので尚更涙出るほど響き 自身聖書学ぼう教会通った時期あり多忙理由足遠退いておりちょっう一度通ってみようかな思い
で質問、聖書自分足りないの気付かせてくれるようなのなのでょうか
、仕事柄難いのどうて日曜日礼拝出なくてならないのなのでょうか 行こうてのプロテスタント教会 ご回答宜くお願い致ます 聖書百科全書。聖書は,より正確に言えば,少なくとも神の言葉の?一つ?としてこれほど多くの
人々に受け入れられているのである。ユダヤ教徒やキリスト教徒キリスト者
にとってそれは当然のことであろう。しかしイスラム教徒ムスリム,バハイ教徒

12。クリスチャンの名言?名句は他ページにも散らしてあるので宝探しをしてみよう
! ここで信仰神はわれわれに。自分だけでなくすべての人間を。同じように。
同じ理由から。愛するように求めたもう 他の宗教が一定の時期を経過すれば
必ず死んでいくのに。キリスト教のみが年ごとに新しいのはなぜか。キリスト
教会の上に今日のしかかっている最も重い義務は。キリストの教会の神の概念を
もう一度神にーーそして教会にーーふさわしいまでに。きよめかつ高めること
です。聖書のいい話。キリスト教の聖典である『聖書』は。年間6億冊以上印刷されており。印刷の
技術が発明されて以来の圧倒的な『世界の人生の拠り所を『自分自身』から『
創造主であり。全人類の父である神』へと移す時。変わることのない「神の平安
」が私たちの心キリストの弟子ヨハネは。迫害下にあった教会に宛てて次の
ように書き送りました。またあるお店で販売員がいつも愚痴ばかりこぼし
ながら商品を販売していたら。お客の足はそのお店からだんだん遠のいて行く
ことでしょう。

序章。ところは。聖書時代から初期キリスト教時代にかけては。「踊りを持って。御名
を賛美せよ。 タンバリンと立琴をかなでて。主に 主にプロテスタント教会が
中心であると考えられるが。デニスが初めてワーシップダンスを踊った教会は

聖書に関して、聖書がどういうものであるかについてはプロテスタントもカトリックも関係ないでしょう。シスター渡辺和子さんの聖書の紹介のことばです。「聖書には<大丈夫の福音>のメッセージが溢れています。」<大丈夫の福音>とは、父なる神が私たちⅠ人Ⅰ人をありのままで愛し心に掛けてくださるということ、私たちが神様のかけがいのない存在であること、だから安心してよいのだということです。聖書のカバーの帯に書かれていることばです。プロテスタントのクリスチャンです。部活、レポート、仕事などなど色んな忙しさがありますよね。私は学生ですが忙しくて教会に行けないこともあります。真に神様のことを考えれば教会に行くべきですが、なかなか難しいものです。できるだけ教会には行った方がいいでしょう。しかしそれに縛られることはありません。そもそもキリスト教は私たちを解放してくれるのであり、縛るのではありません。イスラム教やユダヤ教、ヒンドゥー教のように規則などはないのです。そういう方のために早朝の礼拝や夜の礼拝、別の曜日の礼拝をする教会もあります。そういうのもありだと思います。また、もしその教会が先週の説教内容を要約したものを毎週出しているなら週報といいます。それを毎週自分の家に届けてくれるようお願いしてもいいと思います。きっと喜んで届けてくれますよ。聖書には日常においても勇気づけられること、気付かされることがたくさんあります。そういう使い方でいいんですよ。たまに理解できないところがあったり勘違いすることがあるので教会に通えばそういうところが解消されます。余談ですが、私はマタイによる福音書6章3節と4節を座右の銘にしています。自分のすることを人に見せびらかさないように。人に見せるために良いことをするのではないですもんね。 私は虚飾性があるのでこれを教訓にしてます笑聖書には人にとって、とても嬉しい言葉や、時に悲しい厳しい言葉も書いてありますが、すべて真実の神の御言葉であり、私たちを真の幸福祝福へと導くためのものです。教会に行くよりもまず、心を開いて、聖書旧約&新約をご自身で読み続けるといいです。「イエス?キリストによる救いの知らせ福音」べつに聖書に限らず、論語だろうがコーランだろうが、宗教書だろうが哲学書だろうが自己啓発本だろうが、その手の本には良いことの一つくらいは書いてあります。たまたまその宗教の経典の一文に感動したからといってあわてて教会へ行く前に、マルクス?アウレリウスとか読んでみてもいいのでは。>そこで質問ですが、聖書は自分に足りないものを気付かせてくれるようなものなのでしょうか。そのような事もありますが、いつもそうだとは限りません。>また、仕事柄難しいのですがどうしても日曜日は礼拝に出なくてはならないものなのでしょうか?できる限り教会の集会に参加したほうが良いですが、仕事が忙しい場合は欠席することもよいかと思います。聖書は個人的な、神様からの語りかけです。偶然ではなくて、文庫を通してあなたに語られたのだと思います。BBN聖書放送というインターネット放送があります。事情で教会に行けない方のために、日曜礼拝の時間もあります。オンデマンドにもその放送があるので、自分の時間で聞けます。また高原剛一郎さんの「聖書と福音」、「祈りの泉」、横山幹夫牧師のメッセージ、他、毎日24時間、聖書から神様のことを正しく知らせています。ストレスによる精神的ダメージ…つらいことだとお察しします。私はそんな時はBBNさえ聞けない状態でしたが、聖書のみことばに主はあなたを見放さず、あなたを捨てない申命記31:6、そう言われる神様にぼんやりながらしがみついていました。今はようやく体調が戻ってきましたが、自分の状態や神様との関係ではなく、いつでも神様はいて下さり私を愛してくださる、という確信は随分自分のなぐさめになりました。聖書はまず自分というものをわからせてくれます。問題を解決するものではありませんが、自我の問題の解消をさせる存在だと思います。 BBN聖書放送を心からお勧めしたいと思います。依頼すれば、あなたのこともとりなして祈ってくれます。聖書は神様の事が書いてあり、神様は「全てに満ち満ちた方」なので、人の不足分を埋まる事が出来ます。不足を補うというより「不足が無い」からでは無いかと考えます。日曜の礼拝ですが、キリストの復活が日曜日で、弟子達が集まっていた事で「日曜日に集まり、礼拝を…」と成りました。しかし、仕事の多様性が有る現代には合わない人も居ますね。聖書は「6日働き、1日休む」と安息日うを規定していますから、何も、日曜で無くとも良いんです。やsy実の1日を「聖別」して神様に心を向ける日として頂ければ結構です。其処で問題になるのは、教会はいらない?礼拝は?と成ります。神様の恵は、権威に沿って下されるので、どこかの教会に所属してください。無限の恵みを手放す事に成りますから…礼拝は可能な限り出席してください。教会によっては、水曜日、金曜日の礼拝の時間を設けてる所もあります。神様の語りかけをいただいたのですね。素晴らしいです^^聖書は、自分に足りないものを気づかせてくれるのは、その通りです。そればかりか、人の本来あるべき姿、天地を貫く真理がそのまま書いてあります。わたしは船乗りで、毎週教会に通ってる人たちとは異なり、ほとんど行けてない口ですが、日曜日とは限らず、港でたとえば水曜日の夜とかやってる集まりに参加させてもらったりもします。日曜日であれば礼拝に参加させてもらったり…。一人で祈ったり賛美したり礼拝したりでも、神様は恵みをいっぱいくださいます。でも、「二人または三人がわたしの名によって集まるところに…」とあるように、数人でも聖徒たちが集まっている所には、一人の時とはまた違った恵み、神の臨在、聖書の言葉の気づきがいっぱいあるのを感じます。人は皆同じ導かれ方をするわけではありません。他の人のようでないといけないわけではありません。自分で無理やりに開こうとするのではなく、神が開いてくださる導きの道を、どうぞお進みくださいませ。マタイ11章28節『すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。』これですね。何がこのことを保障してくれるのでしょうか?世の中には甘い言葉が沢山あるではありませんか。「あなたの投資はまちがっている。損してばかりいるでしょう。わたしが紹介するこれに投資してみなさい、絶対に損しないばかりか、一年で2倍になりますよ」とか、「あなたは会社で正当に評価されていませんね。わたしの紹介する会社にきてはたらきませんか。あなたは今のような歯車の一個でなく、実力を発揮できる仕事ができるひとです」といってブラック企業に送り込むとか、こんな甘言と何の違いがあるのでしょう。宗教は大丈夫って? 詐欺を目的にしている宗教ビジネスは昔も今もいくらでもありますよ。伝統のあるキリスト教、それも聖書の言葉なら間違いないって?先ほどのマタイ11章の句のすぐ下の30節にはこう書いてありますね、『わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからである。』「くびきを負う」って分りますか? 牛が農耕の鋤を引く、または荷物を運ぶために体に取り付けられる負荷装置です。新たな重荷ですよ。「わたしの荷は軽いから」と言って、結局は負荷を負わせる、家畜にする、奴隷にするということです。キリスト教徒になるとは、神の奴隷になれということ。そうすれば罪の奴隷から解放されるということなんですよ。だから重荷が軽くなるが何かの奴隷であることには変わりはない。プロテスタントは毎週日曜日に教会堂で礼拝式をします。原則的に休んではいけないと言います。「あなたがたは集まるのをやめてはいけない」と書いてあるから、と聖書のことばを根拠としてそう言われると、信徒は逆らえない。すべて聖書の権威に服従することを求められる。聖書の権威とはそれを教える牧師の権威や長老の権威にすぐに転化される。それが教会の実態です。いつのまにか、神話的権威をかさに着た人間があなたのこころを奴隷にするのです。「指導」と称して。私にとって、聖書、教会とは神様への奉仕、聖なる生活を送るためのものです。 人は弱い人間ですので、足りないものがあって当然、それを神様から救い、祝福してもらってます。 神様が傍にいる、それだけで満たされます。信仰するのは良いことですが、礼拝には必ず出席するべきです。 私は犠牲、努力をし神様に支えてます。それが務めであり、神様を畏れ褒め称えます。私が尽くした犠牲に神様は応えてくれます。痛みを伴ったその代わりに祝福されるというわけではなく、聖なる信仰、務めに神様は応えてくれます。 背負ってるものがあるなら、神様が軽くしてくれるでしょう!神様を心から信仰し、イエス?キリストに認められれば、軽くなれます。 この世に生きて問題は消えることはありませんが、辛いとき苦しいときは、お祈りすれば助けてくれます。都合良く聞こえるかも知れませんが、私の神様への奉仕は、確かに祝福を得られてると感じます。あなたが心から信仰すれば、礼拝奉仕にも必ず参加出来るようになります。不思議とそんなものです。 ただお祈りするだけで、本当に心が軽くなると思います。ぜひ信仰して、救いを得られますように!あなたにも神様の御加護がありますように!よく考えて教会へと足を運んでみて下さいm_ _mイエスは二枚舌の男です。二枚舌では、イエスの隣人愛も単なる営業トークということに成ります。●マタイ 5:9「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためではなく、剣をもたらすために来たのだ。敵対させるために来たのだ。」●イエスの言葉マルコ福音書16/16 新共同訳信じて洗礼を受ける者は救われるが、信じない者は滅びの宣告を受ける。別の場面では、イエスは弟子たちの勧誘に耳を傾けない街は「ソドムやゴモラの地の方が軽い罰で済む」と恫喝して凄んでいます。●マタイ10:14あなたがたを迎え入れもせず、あなたがたの言葉に耳を傾けようともしない者がいたら、その家や町を出て行くとき、足の埃を払い落としなさい。15はっきり言っておく。裁きの日には、この町よりもソドムやゴモラの地の方が軽い罰で済む。」ーー●ヨハネの福音書3:36.御子を信じる者は永遠のいのちを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる。』新約聖書の神の言葉も憎悪に満ちています。小羊が第五の封印を解いたとき、私は、神のことばと、自分たちが立てたあかしとのために殺された人々のたましいが祭壇の下にいるのを見た。かれらは大声で言った。「聖なる、真実な主よ。いつまでもさばきを行わず、地に住む者に私たちの血の復讐をなさらないのですか。」すると、彼らのひとりひとりに、白い衣が与えられた。そして彼らは、「あなたがたと同じしもべ、また兄弟たちで、あなたがたと同じように殺されるはずの人々の数が満ちるまで、もうしばらくの間、休んでいなさい。」と言い渡された。???[そしてついに]私は見た。一羽のわしが中天を飛びながら、大声で言うのを。「わざわいが来る。わざわいが、わざわいが来る。地に住む人々に。???」[第五の天使がラッパを吹き鳴らすと、]いなごが地上に出てきた。彼らには、地のさそりの持つような力が与えられた。そして彼らは???ただ、額に神の印を押されていない[すなわち、クリスチャンでない]人間にだけ害を加えるように言い渡された。しかし、人間を殺すことは許されず、ただ五ヶ月の間苦しめることだけが許された。その与えた苦痛は、さそりが人を刺したときのような苦痛であった。その期間には、人々は死を求めるが、どうしても見いだせず、死を願うが、死が彼らから逃げてゆくのである???。[第六の天使がラッパを吹き鳴らすと、]四人の御使いが、人類の三分の一を殺すために解き放たれた。騎兵の軍勢の数は二億であった。???騎兵は、火のような赤、くすぶった青、燃える硫黄の色の胸当を着けており、馬の頭は、ししの頭のようで、口からは火と煙と硫黄とが出ていた。これらの三つの災害、すなわち、彼らの口から出ている火と煙と硫黄とのために、人類の三分の一は殺された???。[第七の天使がラッパを吹く鳴らすと、]天に大きな声々が起こって言った。「この世の国は私たちの主およびそのキリストのものとなった。主は永遠に支配される。」それから、神の御前で自分たちの座についている二十四人の長老たちも、地にひれ伏し、神を礼拝して、言った。「万物の支配者、常にいます神である主。あなたが、その偉大な力を働かせて、王となられたことを感謝します。諸国の民は怒りました。しかし、[神である主なる]あなたの御怒りの日がきました。死者のさばかれる時、あなたのしもべである預言者たち、聖徒たち、また小さいものも大きいものもすべてあなたの御名を恐れかしこむ者たちに報いの与えられる時、地を滅ぼす者どもの滅ぼされる時です。???」???また、私は、大きな声が聖所から出て、七人の御使いに言うのを聞いた。「行って、神の激しい怒りの七つの鉢を、地に向けてぶちまけよ。」そこで第一の御使いが出て行き、鉢を地に向けてぶちまけた。すると、獣の刻印を受けている人々に、ひどい悪性のはれものができた。第二の御使いが鉢を海にぶちまけた。すると、海は死者の血のようになった。海の中の命あるものは、みな死んだ。第三の御使いが鉢を川と水の源とにぶちまけた。すると、それらは血になった。また私は、水をつかさどる御使いがこう言うのを聞いた。「常にいまし、昔います聖なる方。あなたは正しい方です。なぜならあなたは、このようなさばきをなさったからです。彼らは聖徒たちや預言者たちの血を流しましたが、あなたは、その血を彼らに飲ませました。彼らは、そうされるにふさわしい者たちです。」???私は、太陽の中にひとりの御使いが立っているのを見た。彼は大声で叫び、中天を飛ぶすべての鳥に言った。「さあ、神の大宴会に集まり、王の肉、千人隊長の肉、勇者の肉、馬とそれに乗る者の肉、すべての自由人と奴隷、小さい者と大きい者の肉を食べよ。」???獣と偽預言者]は、硫黄の燃えている火の池に、生きたままで投げ込まれた。残りの者たちも、馬に乗った方[キリスト]の口から出る剣によって殺され、すべての鳥が、彼らの肉を飽きるほどに食べた。「ヨハネの黙示録」6章9?19章21節、新改訳キリスト教の教会については主要キリスト教いろいろ対照表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です