第193回国会 強制性交等罪の保護法益論点ついて教えてい

第193回国会 強制性交等罪の保護法益論点ついて教えてい。保護法益は性的自由。強制性交等罪の保護法益、論点ついて教えていただきたい 強制性交等罪の保護法益論点ついて教えていただきたいの画像をすべて見る。性犯罪に関する刑事法改正について。さて。性犯罪規定の見直しについては。外国の法改正の動向などが参照され
ながら。いくつかの論点についてさらなる提言。「少なくとも。処罰範囲を
広げたいとする意図があるのであれば。法定刑の下限を上げることは逆効果で
ある。* 辰井聡子著「性犯罪に関する刑法改正-強制性交等罪の検討を中心に-
」刑事法ジャーナル号頁年?成文堂強制性交罪の保護法益をどの
よう考えるか。言い換えると。強制的な性交という行為を犯罪とすること第193回国会。充実した審議を求めて。まず私から先陣を切らせていただきたいと思います。
そこで。強制性交等罪についての法定刑の下限を。強盗罪。現住建造物等放火罪
と同様に懲役五年に引き上げることが適当であると考えたものでございます。
もっとも。強制性交等罪の保護法益が性的自由また性的自己決定権であることや
。強制性交等罪において性交等を重くそしてまた同時に。一方で。この改正案
には強姦罪の暴行。脅迫要件の緩和等数々の積み残された論点が

保護法益は性的自由。保護法益が性的自由であることについて、特に争われている論点は無いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です