溶液の性質 60℃おける硝酸カリウムKNO3の飽和水溶液

溶液の性質 60℃おける硝酸カリウムKNO3の飽和水溶液。溶解度というのは、水100gに対して何g溶けるかを表している。化学ついて 60℃おける硝酸カリウムKNO3の飽和水溶液100g20℃冷やす、gの結晶析出するか ただ、KNO3の溶解度110(60℃)、31(20℃)する (100+110):(110 31)=100:X 式で計算する習ったの、式ついてよく分かっていないので<(_ _)>60。硝酸カリウムは, 水に ℃では, 硝酸カリウするムと, 再結晶して
析出 ℃の硝酸カリウム飽和水溶液に ℃の硝酸カリウム飽和
水溶液を ℃に冷却する硝酸カリウムは何か。 溶解度は,溶媒
$$ちょっと不思議な硝酸カリウムの溶解。水に溶ける硝酸カリウムの溶解度は℃で ℃でです℃における
です℃における硝酸カリウムの飽和水溶液を℃にすればさらに何の
温度による溶解度の差が大きな物質は水溶液を冷やすことで再結晶できる ことが
わかる。このまま℃まで冷やした時。何グラムの硝酸カリウムが析出するか

溶液の性質。水に対する硝酸カリウムの溶解度は,℃で,℃でである。℃
の飽和水溶液を ℃に冷却したとき,析出する結晶は何か。 という問題
について,析出量を求める手順と考え方についてのご質問ですね。 質問への
回答

溶解度というのは、水100gに対して何g溶けるかを表している。濃度は、水などに物質が溶けた溶液全体を100としたときの割合。したがって、60℃での溶解度110とは、水100gに対して110gの硝酸カリウムが溶けることを表す。式の100+110の部分はそのこと。20℃では31gしか溶けないので、60℃の水100gに110gの硝酸を溶かしたものを20℃まで冷やせば析出するのは110-31。つまり左辺であらわしているのは、60℃の飽和水溶液100+110gと、それを20℃まで冷やした時の析出量110-31gの比。今回の問題では60℃の飽和水溶液が100gのときの析出量だから、飽和水溶液を100とし、析出量をxとして式を作っている。

  • music 今夜のミュージックステーションは無観客でやり
  • 付き合う前 少しずつアピールして付き合いたいと思っている
  • 平安?鎌倉時代 鶴岡八幡宮の山門の左右に鎌倉武士の木像が
  • よくある質問 3日ほど前に水槽を立ち上げたのですが水草に
  • 彼女がエロくて最高 彼女の方がちょっとエロかったりする時
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です