時速35キロメートルの犯人をさがせ ぞれ走る速さ毎秒6m

時速35キロメートルの犯人をさがせ ぞれ走る速さ毎秒6m。Aが5000mを進むのにかかる時間は、5000÷6=833+1/3秒。数的推理の問題ついて、分かる方解説のほうお願います

A、B、C、D1周400mのトラックで5000m競争た ぞれ走る速さ、毎秒6m、5m、4m、3mのき、Aゴール着く、延 べ人の人追い抜くこなるか 。人の走る速さはそれぞれ一定であるとして。 次の問いに答え ましょう。 と
のしました。 このとき。 の走る速さは毎秒何 で すか。ゴールした
とき。 $$ と$$ はそれぞれゴー $$ $,,$ の$$ 人が同じ距離を競走しま
した。 $$ がルの速さは分速楽 の速さ 「は分速 です。人の速さ
はそれそぞれ一定であるとして。次の $//$ 分速 問いに答えなさい。 リ
とVol。速さはメッツ時速です。 メッツって何? メッツは。身体活動の強さ
を表して います。座って安静にしている状態が 1メッツ。普通歩行が3メッツ
。早歩 き速歩はメッツに相当します。 早歩きって健康にいいっていう

時速35キロメートルの犯人をさがせ。時速35で走っているトラックの荷台から高級メロンが盗まれた。容疑者は。
自転車に乗っていた男と。陸上競技選手の2人。トラックに追いついたのは
どっちか?

Aが5000mを進むのにかかる時間は、5000÷6=833+1/3秒……………Aは1秒間で6m進み、Bは1秒間で5m進みます。1秒で1mの差がつきます。ということは、400秒で400mの差がつきます。つまり、トラック1周の差がつきます。このときにAがBを追い越すということになります。言い換えれば、400秒ごとにAがBを追い越します。833+1/3秒間に、AはBを2回追い抜きます。……………Aは1秒間で6m進み、Cは1秒間で4m進みます。1秒で2mの差がつきます。ということは、200秒で400mの差がつきます。つまり、トラック1周の差がつきます。このときにAがCを追い越すということになります。言い換えれば、200秒ごとにAがCを追い越します。833+1/3秒間に、AはCを4回追い抜きます。……………Aは1秒間で6m進み、Dは1秒間で3m進みます。1秒で3mの差がつきます。ということは、400/3秒で400mの差がつきます。つまり、トラック1周の差がつきます。このときにAがCを追い越すということになります。言い換えれば、400/3秒ごとにAがCを追い越します。5000/6÷400/3=5000/6÷800/6=5000/800=50/8=6+1/4だから、833+1/3秒間に、AはDを6回追い抜きます。したがって、Aは全部で2 + 4 + 6 = 12回追い抜くことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です