平成16年春期問63 生成多項式1001のCRC方式おい

平成16年春期問63 生成多項式1001のCRC方式おい。CRCの計算には繰り下がりが無いので算数とは少し違う。2進数の割り算( )ついて質問 画像の問題で、なぜ上4段目1110なるのか 10101001引く1なる思うの… ちなみ単元ネットワーク技術のCRCの誤り検出ついての単元 生成多項式1001のCRC方式おいて、送信たCRC符号101110011であった受信たCRC符号101010111だった際の問題 普通の2進数の筆算でいけないのでょうか 詳く教えてほい よろくお願い致ます オリジナル模擬試験2問13。前の問題次の問題? 問 誤り検出方式であるに関する記述として,適切
なものはどれか。 検査用データ受信側では,付加されてきた検査用データで
検査対象のデータを割り,余りがなければ送信が正しかったと判断する。 イ
送信側 は。巡回冗長検査という意味で。送信
データから生成多項式によって誤り検出用のデータを付加して送信します。受信
側では

平成16年春期問63。送信側では,ビット列をある生成多項式で割った余りをそのビット列に付加して
送信し,受信側では,受信したビット列が同じ[この問題の出題歴]; 基本情報
技術者 秋期 問; 基本情報技術者 秋期 問方式
,巡回冗長検査は。送信データから生成多項式によって誤り
検出用のデータを付加して送信します。ハミング符号は。情報ビットに対して
検査ビットを付加することで。ビットの誤り検出とビットの自動訂正機能を
もった方式です。CRCとハミング符号。ア 検査用データは,検査対象のデータを生成多項式で処理して得られる1ビット
の値である。 イ 受信側では,付加されてきた検査用データで検査対象のデータを
割り,余りがなければ送信が正しかったと判断

生成多項式1001のCRC方式おいて送信たCRC符号101110011であった受信たCRC符号101010111だった際の問題の画像をすべて見る。基本情報でわかる。エ ハミング符号方式 それでは。どのようにして を覚えればよいでしょうか
。 問題文にあるように。 の仕組みは。 「送信側では。ビット列をある生成
多項式で割った余りを。そのビット列に付加する」 「受信側巡回符号。そこで。短縮化巡回符号という方式が考案されました。 これを。
方式と呼びます。 この方式は。-が生成多項式

CRCの計算には繰り下がりが無いので算数とは少し違う。引き算というよりExORと考えると良い。なんでそれで上手くいくのかは忘れたけど、アルゴリズムを解説した本には詳しく書かれてると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です