北方領土問題 北方領土第二次世界大戦の結果言うロシアで沖

北方領土問題 北方領土第二次世界大戦の結果言うロシアで沖。まず、安倍首相がプーチンと色々とやり取りしていますが、まず絶対にロシアは一度奪った領土を返すことは絶対にないと断言できます。北方領土第二次世界大戦の結果言うロシア、で沖縄第二次世界大戦の結果解釈するの正解でょうか ロシア政治における「南クリルの問題」に関する研究。本節では。日ソ?日ロ両国間の外交交渉の実体を明らかにし。「北方領土問題」
を取り巻く政治的環境 について考察し。そこに存在する諸課題を抽出したい。
日本は第二次世界大戦後。すべての近隣諸国と領土問題を抱え。中国?韓国との
歴史北方領土問題の経緯領土問題の発生まで。北方領土問題が発生するまでの歴史的経緯。概要は次のとおりです。 第次世界
大戦までの時期 日魯通好条約年 日本は。ロシア「北方領土の歴史について」。「僕は北方領土に関係あるのか?」 鹿部町立鹿部中学校 2年 木村 玲音 第二次
世界大戦後。ロシア連邦と日本との

北方領土問題を考える。国後島。歯舞諸島。色丹島。択捉島をはじめとする千島列島は。日本の返還の
主張にかかわらず。ロシアの行政下おかれ。豊かな島々はロシア化が進行早急
に。戦略的に考え。返還の実現を果たすべき時は。今しかないのではないだろ
うか。北方四島は第2次大戦の結果。戦勝国ロシアのものになった」という
主張は揺るがないという姿勢だ。第二次世界大戦後。現在に至るまで。ソ連?
ロシア連邦に占領?実効支配されており。日本は固有の領土としてその返還を
求めている。北方領土問題。だから。今は。北方領土と言うと。歯舞群島。色丹島。国後島。択捉島のことを
言います。日本は。今でも。南部諸島に対する歴史的権利を主張し。 島々
に対する日本の主権を回復するように。ソ連?ロシアを。くり返し説得している
。条約の結果として主権を獲得した樺太の一部及びこれに近接する諸島
に対するすべての権利,権原及び請求権を放棄する。第次世界大戦のおわり
ごろ。ソ連は日本に宣戦布告して。日本が支配していた満州国を解放し。中国人
に返しました。

まず、安倍首相がプーチンと色々とやり取りしていますが、まず絶対にロシアは一度奪った領土を返すことは絶対にないと断言できます。ロシアの目的は、返すふりをして経済援助をできるだけ出させるのが目的なのは明白。国民の税金を無駄に使わないで頂きたいものです。また、ロシアは日本と不可侵条約を結んでいたにもかかわらず一方的に北方領土を占領しているのです。また、シベリアで日本の捕虜が労働させられ多数の死者が出ました。これに対して補償はないのでしょうか? 捕虜でなく強制労働で死んだのです。日本の回りにはまともな国がないのが残念です。第二次日露戦争は第二次大戦や太平洋戦争とは独立した戦争です。それに第二次日露戦争は平和条約が結ばれておらず、従ってまだ終わってはいません。つまり未だ結果が出ていません。安倍首相は今ロシアと北方領土交渉をしていますが、これを商売の商取引と考えて、得か損かで判断してはいけません。最悪の考えは、このままでは北方領土は1mmも返って来ない。だから国後、択捉はあきらめ、国後、択捉はロシアの領土だと認めて、歯舞、色丹だけを取り戻す事で満足しようという考えです。この考えが間違いなのは、国家としての正しさ、国家の存在意義、存在理由という根本的な精神が全く欠けているからです。つまり日本という国家が、なぜ世界に存在しなければならないのか?と言う事です。北方領土が占領されるきっかけに成った、第2次日露戦争はロシアが一方的に条約を破って日本に侵攻する事で始まりました。そしてロシアは占領地の民間人を虐殺し、日本人女性を強姦し、悪逆非道の限りを尽くし、日本人捕虜60万人を強制労働させ10万人を死なせました。そして今も北方領土を占領したままです。現在ロシアとは停戦していますが平和条約は結んでいません。安倍首相は北方領土が占領されたまま平和条約を結ぼうとしていますが、これでは平和条約とは名ばかり、降伏文書に調印するようなものではないですか。つまり第2次日露戦争は日本の敗北に終わったと言う事に成ります。安倍首相は第2次日露戦争を敗北させた責任者に成ります。第2次日露戦争を敗北させてはいけませんよね?なぜなら第2次日露戦争はロシアが一方的に条約を破る事で始まった戦争だからです。このような悪事を許してはいけません。なぜなら、世界における日本という国家の存在理由が失われるからです。悪事を許すような国に存在理由が有るはずが無いからです。少なくとも日本の北方領土が奪われる事で第2次日露戦争を終わらせてはいけません。もちろん停戦は続けるべきですが、日本の敗北で終わらせて良い戦争では有りません。従って北方領土が返還されないまま平和条約を結んではダメです。平和条約を結ばなければ第2次日露戦争で日本が敗北した事には成りません。第2次日露戦争をアメリカとの戦争と同じとか、あるいはアメリカとの戦争の一部と考えてはいけません。第2次日露戦争は太平洋戦争の一部ではなく、独立した戦争です。なぜならロシアはサンフランシスコ講和条約に反対し参加せず調印もしなかったからです。つまりロシアも、サンフランシスコ講和条約に調印しない事で、第2次日露戦争が独立した戦争である事を認めているのです。正解ではありません。ソ連は,日本の無条件降伏後に,攻撃を続けて広大な領土を占領したので,国際法違反です。ソ連は国際的な批判を避けるためもあってサンフランシスコ平和条約に参加せず,北方領土の帰属はまだ確定されていません。沖縄は,サンフランシスコ平和条約で,アメリカの信託統治下と確定され,日本も同意しました。だから返還前の沖縄の米国統治は国際法的に合法であり,北方領土とは,まったく異なります。サンフランシスコ平和条約第三条 日本国は,北緯二十九度以南の南西諸島琉球諸島及び大東諸島を含む,孀婦岩の南の南方諸島小笠原群島,西之島及び火山列島を含む並びに沖の鳥島及び南鳥島を合衆国を唯一の施政権者とする信託統治制度の下におくこととする国際連合に対する合衆国のいかなる提案にも同意する。このような提案が行われ且つ可決されるまで,合衆国は,領水を含むこれらの諸島の領域及び住民に対して,行政,立法及び司法上の権力の全部及び一部を行使する権利を有するものとする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です