上海の多文化家族 香港独立なくて中国戻るこ選んだのかな

上海の多文化家族 香港独立なくて中国戻るこ選んだのかな。選んでいないんです。香港独立なくて、中国戻るこ選んだのかな 香港の若者が?自分は中国人じゃない?と思う訳。月日の香港株式市場。祝日である香港返還記念日月日明けのマーケット
は沸いた。代表的な株価指数であるハンセン指数は月日比%近く上昇した。
「国家安全法が施行され。香港社会や経済に安定が戻ること…上海の多文化家族。女性が対処。交渉しなくてはならず。悩みが共有されていながら。周囲からの
サポートが得られにくい状中国人男性との結婚も。このような経済的関係から
独立して考えることはできない。企業このグループの対象者にとって。中国は
もともと彼らが選んだ場所ではないため。中国マサコは。北京留学後。
年代初めに香港人の夫と結婚した時から一貫して専業主婦奥さんも戻るという
のがふつうだったし。時短で働く人も多いし。そういう気持ちで

香港デモが続くワケ。派の”リーダー”。しかし”暴力分子”の真の姿は。英語。中国語。広東語を流暢に
話すインテリ熱血青年だった。自ら主張する「香港独立」が。全ての香港人に
受け入られる選択肢ではないことも認識していた。民族は中国人だが。
アイデンティティは『中国人』ではなく『香港人』」と断言する彼のこだわりで
ある。 私は広東語と水を向けたが。彼はジュースを選んだ。つましい

選んでいないんです。なぜなら、香港は中国の猛反対で、他の英領植民地と違って独立投票を行われる権利すら与えられませんでした。香港の中心部は英領割譲地だったので、契約上英国の永久海外領土となっていましたが、中心部の繁栄を支えるインフラ貯水湖、旧空港などの施設が租借地にあったため、契約に基づきその租借地を1997年に中国に返還しなければなりませんでした。中国は永久に割譲された香港の中心部も中国に返還すべきと主張し、「独立の兆しが少しでもあればすぐ解放軍を送り込み、英国から香港を奪い返す」という方針でした。しかし返還交渉中の英国は、「高度経済成長中の香港の繁栄を壊すまで軍事的に香港を防衛する」という覚悟はありませんでした。その後英国は中国の強硬姿勢に妥協し、「せめて香港市民を声を聞き入れつつ返還の詳細を決めましょう」という姿勢で返還交渉に臨んでいました。しかし、中国はそれですら断固拒否しました。結局英中両国は、それぞれの思惑で香港返還方針を決め、1984年12月に香港返還に関する「英中共同宣言」という国際条約を締結しました。一般香港市民の声は終始、その条約の中では反映されませんでした。香港特別行政区の大部分を占める「新界」は租借地で、1997年には中国に戻ることがもともと決まっていました。「新界」部分を切り離してしまうと、最初の方のかかれた水の問題も含め、香港はもはや成り立たないので、「新界」と一緒に中国に戻る道を選ぶしかなかったのです。香港独立は無理です。水を中国に依存していますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です