バレーボール バレーボールのスパイクのコツ

バレーボール バレーボールのスパイクのコツ。コツはそれぞれの要素があるので、ひと言では難しいですが ̄▽ ̄;助走、スパイクのフオームなどが絡んできますが、とりあえず、自分のジャンプして、最高到達点でボールをとらえられるのが大事です。バレーボールのスパイクのコツ スパイクの助走のやり方と打点の基本。オープンから強打するスパイクとクイックスパイクでは。助走や腕の振りは
異なるものの。ジャンプ後のバランスの保ち方や。体幹の力をしっかりと使える
フォーム作りは両者とも変わらない。全身の動きと腕の振りの両面で。常に「高
さ」「バレーボールの打ち方。スパイクのやり方は熟知しているけど。いまいちスパイクにパワーがない」。
そういった悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。 実際。スパイクは
点を取るために重要で。試合の流れを大きく左右する役割も担っ打ち方や練習法の基礎を解説。バレーボールのスパイクは。助走やボールの打ち方。タイミングの取り方など
色々なポイントがあり。習得するのが難しいプレーです。この記事では。一連の
動作についてつずつコツを交えて解説します。あわせて。

バレーボールのスパイクのコツをすべて見る11件。バレーボール。現在は指導者として。テレビ。ラジオ出演のほか。講演。解説。バレー教室。
エッセー執筆など幅広く活動している。 サーブレシーブ?リベロパス?トス
スパイクブロックトレーニングチーム練習?運営バレーボールのスパイクのコツの画像をすべて見る。バレーボール初心者向け。初心者でもスパイクが上達できる3つの練習方法 まずはキャッチボールで
スパイク動作を覚える; タオルで素振りしてみる; テニスボールを持ってスパイクバレーボールのスパイクの打ち方。バレーボールでの一番の攻撃手段はスパイクです。ここではそのスパイクの打ち
方のコツ。特にフォームに関する基本と練習方法について詳しく解説していき
ます。バレーボールの正しいスパイクの打ち方のフォームを習得し

バレーボールのスパイクのコツは。そこで今回はスパイクについてリサーチしました。 打ち方や。コツ。種類など
詳しく説明していきます。 バレーを実際にプレーしている方だけでなく。

コツはそれぞれの要素があるので、ひと言では難しいですが ̄▽ ̄;助走、スパイクのフオームなどが絡んできますが、とりあえず、自分のジャンプして、最高到達点でボールをとらえられるのが大事です。小学生の子どもとか、助走のステップを教えて、スパイク練習すると、ボールを見ないで跳んでくる子どももいます。トスの出だしのボールの早さ、高さを判断して、最初はフェイントでもいいので、高いところでとらえるようにしましょう。スパイクの基本はミートとコントロールです。ミートは手のひらを大きく開いてボールを斜め上から包み込むようにボールに被せるように打つことで、打球にドライブ回転がかかることをいいます。上から落ちてくるボールをしっかりと自分の最高打点ひじが下がったりしないでほぼフルスイングでミートできることがまず必要です。そして鋭角?鈍角と打ち分けが出来ること、狙った所に打てることがポイントになりますので、段階的に練習するといいと思います。最初は低めのトスを上げて手のひらを大きく開いて包み込むようにミートします。ミートした打球にドライブ回転がかかっていることを確認してください。また、スイングフォームもチェックする必要があります。ミートするためにひじが下がったり、打点が被ったり、スイングスピードが遅くなったりしていないかをチェックして、フルスイングでミートがほぼできるようになったら今度はトスを徐々に高くしていきます。2段トスのような高いトスにジャンプ無しであわせる事ができる=ミートできるようになれば助走のタイミングも自然に分かるようになると思います。もちろん普通のスパイク練習を多く打つことでもタイミングは徐々にあってくると思います。とにかく上達は打った本数に比例しますので、考えながらたくさん練習してください。スパイクの打ち方には大きく分けて、上から鋭角に打ち落とすコートにたたきつけるような打ち方とスパイクサーブのような打球を比較的遠くまで飛ばして打つ打ち方の2つに分けられます。前者は速攻攻撃で速くコートに落としたい時やノーブロックの時に使いますが、後者はサーブの時やブロックアウトを狙う時、ネットからトスが離れた時やバックアタックに使う打ち方になります。 鋭角は比較的誰でもすぐできるようになりますが、鈍角打球の飛ぶ距離が長いは的を壁に書いたり、コートにボールかごを置いたりして、そこを狙って打つ練習がいいと思います。ミートするときに少しボールの真横からミートする感じと、下に振り落とさず前に飛ばす感じで練習するといいかもです。スパイクの助走時に両手を大きく下から上に振り上げて、前に進む勢いをそのまま上に持っていくこと、そして利き腕はスパイクスイングに、もう一方は胸辺りに引き付ける絞ることで体が回転することを防ぐと共に打球の威力を増すことにもなります。利き腕以外の腕を使うこと、空中で両肩を水平に保つこと、打点が被っていないこと、自分の最高打点で打つことなどが強く打つポイントだと思いますので、これらを意識して鏡の前で反復練習を出来るようになるまで繰り返すしかないかなと思います。また自分の今のフォームを動画で撮影して自分の目で確認しながら反復すると効果がアップするかもですのでお試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です