デジタル変調で時間領域でsinc関数なるパルス用いる理由

デジタル変調で時間領域でsinc関数なるパルス用いる理由。通常簡単な説明する時には時間領域でステップとなるような波形を持ってきて説明することが多いけど、ステップだと高周波成分が無限に含まれちゃうから現実には送信できない。デジタル変調で時間領域でsinc関数なるパルス用いる理由答えよ 上記の問題教えてほい (できれば分かりやすくお願います)3。やらない夫 同様に,周期をどんどん長くして,無限大までしてやれば,周期的
じゃない信号になるだろう,というのが話の流れだ.の連続時間上で定義され
た時間関数は,周波数領域で見ると, $ -/$やらない夫 で,理由は後で
説明するが,何も聞かずにここで $ //$というわけで「 と矩形は
フーリエ変換対」と覚えておいて,例えば時間領域の 関数のフーリエ変換が
必要になっ通信理論。アナログパルス変調 目的適宜な時間間隔で取られた信号の値だけで情報を完全
に化定理 時間領域における標本化定理 情報を完全に伝送するための条件
第 章 離散フーリエ変換 離散フーリエ変換 これまで 私たちは連続関数
ディジタル変調 基底帯域ベースバンド伝送の信号波形は零周波数付近の
関数

通常簡単な説明する時には時間領域でステップとなるような波形を持ってきて説明することが多いけど、ステップだと高周波成分が無限に含まれちゃうから現実には送信できない。現実に周波数を制限した時に、ある変調点がほかの変調点に影響を与えない波形の一つがSincになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です